Database

危険なオンラインショップ

7. 授業時間が長く、自身のやる気次第で、短期留学でも成長が期待出来る。english-village.netを見てください。

オンラインの鉄則

電子商取引とオンライン書店(1)

電子商取引とオンライン書店

インターネット上にある書店「オンライン書店」を利用したことがありますか?インターネットで本や雑誌の注文ができて、注文したものを自宅、コンビニエンスストア、書店、会社など身近な場所へ届けてくれるサービスをするサイトの事で、オンライン書店には、実際に店舗を持っているものと、インターネット上だけにしかないものの2種類に大きく分けられます。実際には店舗を持ちつつオンラインでの注文も受けることもあります。この場合にはネット利用者(検索機能を利用することからニッチなニーズであることも)を取り込める・在庫になっている本を買ってもらえると行った点がメリットになります。利用には会員登録を必要とする事が一般的です。

買い物はネットで

オンライン書店のメリット(利用者)

オンライン書店のメリット(利用者)には下記のようなものがあります。

  • 本を沢山買っても玄関まで運んでくれるので重たい本を家まで運ばなくて済む。
  • クレジットカードを使える場合には決済が短時間で済む。
  • 近所の書店が閉店でも宅配する時間を指定することで欲しい本の在庫があれば確実に購入できる。

オンライン書店のメリット(販売側)

オンライン書店のメリット(販売側)には下記のようなものがあります。

  • 実際の店舗が無くても良いので対面での接客をしなくて良い。
  • 通信と輸送手段があればどこでも開業できる(実際の店舗を設けるとなれば人通りの少ないところでは難がある)
  • 窃盗の心配がない。
  • 在庫を大量に抱えなくても出版社や卸から取り寄せればよい。

オンライン書店とISBN

書籍にはISBNがついていることがあります。ISBNとは、国際標準図書番号(International Standard Book Number)の略で、世界中のすべての出版物のそれぞれを区別するためにつける固有の番号のことです。特殊な計算をして導き出した数字で、入力ミスがないかどうかをチェックするためのものです。ただ、すべての出版物にISBNがついているわけではなくて、1980年以前に出版されたものや、小さな出版社または個人による出版物などにはISBNがついていない場合が多く存在します。

私のオススメのオンライン書店

ここでは私のオススメのオンライン書店をご紹介します。

復刊ドットコム

株式会社復刊ドットコム(旧ブッキング)が運営し、絶版になった書籍を復刊させるWebサイトおよびオンライン書店が復刊ドットコムです。2000年5月24日にサービスが開始されました。

概要

一定以上の需要と原版があり、権利関係のクリアが可能な書籍から順次復刊されています。文学、絵本、コミック、アニメやホビー関係のムック、楽譜、参考書(教育関係)など多数のリクエストが登録されています。特に前述の漫画・アニメ関係のリクエストが多いのですが、支持が集まらない(または潜在的需要はあるものの復刊―の事を知らない)タイトルは、リクエストから3年以上経過しても100票集まらないようです。漫画を中心に既刊(絶版)本のみならず、未収録作品の収録といったリクエストも可能ですが、「一般書籍の復刊と比べ、交渉が困難と予想される」と明記されています。

楽天との関係

2003年からは同社事業を継承した楽天による共同運営がなされていました。復刊ドットコムのWeb運営をビズシーク(楽天)が行い、ブッキングは復刊交渉やサイト上での販売業務に分業していたため、リクエストなど復刊ドットコムのサービスを利用する際に「EasySeek」のIDを取得または利用し、双方のサービスの会員となる必要がありました。また、2001年8月に楽天がビズシークを買収し、2003年1月に同社事業を楽天に譲渡させた経緯から、EasySeekサービスは2005年4月までに楽天フリマ・楽天オークションへ完全移管され、EasySeek(復刊―/楽天フリマ)のIDを楽天会員へ任意で統合させる措置が取られていました。ただし、復刊ドットコムの書籍販売業務を楽天ブックスへ移管するといった楽天グループ内での事業連携はありませんでした。その後、2006年10月末をもって楽天が提携解消しました。

ブックサービス

主に電子商取引による書籍販売を行うブックサービスは、東京都千代田区神田神保町に本社を置く書籍卸業の栗田出版販売の子会社です。現在は栗田出版販売の本社内に本拠を置き、webサイトが中心です。その他にハガキ、FAXおよび、電話でコミュニケータへの伝えるなど柔軟な方法をとることが出来ます。サイトの特徴として、発売前等一部の検索で出てこない商品については、「手入力」することにより注文できるケースがあります。その際には、商品名、出版社(レーベル)、作者、数量をできるだけ正確に入力する必要があります。特に書籍は単行本・文庫本・ムックなどの刊行形態、CD・DVDなら初回版・通常版の指定を含みます。「手入力」のフォームには、ISBNやCDの品番等の記載欄がないため、記載欄が設けられているはがきの申込用紙やFAX用申込用紙を用いてより詳細な情報を付加して注文した場合が正確といえるでしょう。決済システムを除けばインターネットとの注文履歴と連動していないため、webでの登録ページ上にはがき・FAX注文の痕跡が残らない形となります。

会社沿革
  • 2006年3月1日 - 本社を足立区新田にあるヤマト運輸王子ビルに移転
  • 2007年4月1日 - 出資構成の変更に伴い、栗田出版販売の子会社化
  • 2007年7月20日 - 本社を栗田出版販売本社内(板橋区東坂下)に移転
  • 2012年3月12日 - 本社を千代田区神田神保町に移転

ライブドアブックス (livedoor BOOKS)

「買う市株式会社」が運営するインターネット書店であるライブドアブックス。2007年 - 株式会社カウイチ(後に買う市に社名変更)がライブドアと業務提携を結ぶ形でlivedoor BOOKSをスタート。2013年4月からライブドアの商標を引き継いだNHNJapanとの間で業務提携を解消しました。livedoor BOOKSのサービスは終了しました。営業時は特に中古本に力を入れていて、インターネットで安心して購入可能な書店を経営方針に掲げていました。

オンライン書店とインターネットマーケティング

インターネットマーケティングとは、インターネット上での商品やサービスのマーケティングです。Webマーケティング、オンラインマーケティング、ネットマーケティング、eマーケティングなどとも呼ばれます。インターネットマーケティングは顧客獲得サイクルの各段階に沿って、検索エンジンマーケティング (SEM)、検索エンジン最適化 (SEO)、特定サイトでのバナー広告、電子メールマーケティング、Web 2.0戦略などをメディアに配置することを意味しています。2008年、ニューヨーク・タイムズは「comScore」と共同で、インターネットを基盤とする大企業が収集したユーザーデータの量を見積もりました。企業ウェブサイト(コーポレートサイト)でのやりとりを4種類想定し、広告をクリック(ヒット)する場合も考慮に入れると、平均的なインターネットユーザーが1カ月で最大2,500回のデータを企業にもたらす可能性があるといわれています。

インターネットマーケティングの概念

インターネットマーケティングは、インターネットの創造的な面と技術的な面を統合した概念であり、設計、開発、広告、販売といったものを含みます。

インターネットマーケティングの特徴

インターネットマーケティングの相互作用性は、素早い応答と相手の反応を引き出すのが特徴で、メディアとしての独自の利点です。インターネットは数々のユニークな利点をマーケティングにもたらしました。その1つは情報の配布コストを低減したことと、世界的な一般大衆を相手にできるメディアです。インターネットマーケティングは狭義にはインターネットや電子メールなどを利用したマーケティングなのですが、広義にはデジタル化された顧客データ管理システムや電子的な顧客関係管理システムも含みます。

楽々注文!ネットスーパー